2019/10/29
PCB使用安定器掘り起し調査について(宮崎県)
昭和52年3月以前(約40年前)に建築された建物(居宅を除く)で照明器具を交換されていない場合有害物質であるPCBを含む安定器がいまだに使われている可能性があります。

〇 PCB廃棄物には処分期間が定められており、令和3年3月31日までに処分しなければ罰則の対象となります。

〇 PCB使用安定器は、製品寿命をはるかに経過しており、有害なPCBが漏洩し、従業員、顧客、商品を汚染する可能性があります。

〇 PCB使用安定器が発見された場合には、早期交換・早期処分及び届出等が必要です。

このため、宮崎県では、昨年10月にPCB使用安定器掘り起し調査を実施し、更に、本年10月からは、前回調査の未回答事業者に対し、再度調査票を送付するフォローアップ事業に取り組むこととしております。


詳しくは、下記の宮崎県ホームページにてご確認ください。
PDF形式のファイルをご覧頂くには
PDF形式のファイルをご覧頂くには、アドビシステムズのAdobe Readerが必要になります。
アドビシステムズのサイトから最新のAdobe Reader(無料)をダウンロードし、インストールしてください。

Adobe Reader ダウンロード

Word形式のファイルをご覧頂くには
文書作成ソフトMicrosoft Wordで作成したファイルを閲覧するソフトウェアです。
Word がインストールされていなくても、Word 文書を表示、印刷、およびコピーできます。

Word Viewer ダウンロード

Excel形式のファイルをご覧頂くには
表計算ソフトMicrosoft Excelで作成したファイルを閲覧するソフトウェアです。
Excel がインストールされていなくても、Excel ブックを表示、印刷、およびコピーできます。

Excel Viewer ダウンロード