2020/02/19
「宮崎県水源地域保全条例」に係る事前届出制度について【宮崎県】
宮崎県では、水源地域としての森林を将来にわたって守り育てていくため、県では水源地域における土地取引の事前届出制度等を定めた「宮崎県水源地域保全条例」を制定しています。

平成26年10月1日以降に、水源地域内の森林である土地について、売買などの契約を締結しようとするときは、宮崎県水源地域保全条例に基づき、その6週間前までに当事者の氏名、住所、取引後の土地の利用目的等を県に届け出まければなりません。

本制度の周知依頼がありましたのでお知らせします。
くわしくは、下の宮崎県ホームページをご覧ください。
PDF形式のファイルをご覧頂くには
PDF形式のファイルをご覧頂くには、アドビシステムズのAdobe Readerが必要になります。
アドビシステムズのサイトから最新のAdobe Reader(無料)をダウンロードし、インストールしてください。

Adobe Reader ダウンロード