2020/01/09
時間外労働の上限規制の適用に向けた周知等について【国土交通省・厚生労働省】
国土交通省及び厚生労働省より標記について周知依頼がありましたのでご案内いたします。

働き方関連法が平成31年4月1日から順次施行されています。改正後の労働基準法に基づく時間外労働の上限規制が、原則、月45時間以内・年360時間以内となり、令和2年4月1日から中小企業・小規模事業者にも適用されることとなります。
労働者に法律の上限時間を超えて働かせる場合には、あらかじめ「時間外・休日労働に関する協定(36協定)」を締結し、労働基準監督署に36協定届を提出することが必要です。

厚生労働省において作成した中小企業向けのハンドブック(下記にデータ添付)をご活用ください。

「働き方改革特設サイト」(下記URL)にも支援センターの案内等情報がございますのでご活用ください。
PDF形式のファイルをご覧頂くには
PDF形式のファイルをご覧頂くには、アドビシステムズのAdobe Readerが必要になります。
アドビシステムズのサイトから最新のAdobe Reader(無料)をダウンロードし、インストールしてください。

Adobe Reader ダウンロード