2020/06/09
水害リスク情報の重要事項説明追加に伴う 宅地建物取引業法施行規則の一部改正について(速報)
昨今大雨による大規模災害が頻発していることに伴い、不動産取引時においても水害ハザードマップを活用し水害リスクに係る事前の説明が重要視されております。
本件については、昨年7月に国土交通省から全宅連に対し、不動産取引時に宅建業者が取引の相手方等に水害ハザードマップを提示して水害リスクの情報提供を行うよう協力の依頼がございましたが、これに関連して、今般同省において、宅地建物取引業法施行規則を一部改正し、ハザードマップを用いた水害リスク情報が重要事項説明の内容に追加されることとなりましたので、取り急ぎご案内いたします。

本件については、現在同省において施行規則改正にかかるパブリックコメントが実施されておりますが、予定では本年6月下旬~7月頃を目途に改正される見込みであります。詳細がわかり次第、あらためてご案内させていただきますので、ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。
PDF形式のファイルをご覧頂くには
PDF形式のファイルをご覧頂くには、アドビシステムズのAdobe Readerが必要になります。
アドビシステムズのサイトから最新のAdobe Reader(無料)をダウンロードし、インストールしてください。

Adobe Reader ダウンロード