2021/04/26
賃貸住宅管理業務管理者講習受付申込み開始(5月10日)について【宅建士向け講習】
6月施行の「賃貸住宅の管理業の適正化に関する法律」において、賃貸住宅管理業者は、営業所または事務所ごとに1名以上の業務管理者を選任し、業務管理者は管理受託契約の内容の明確性、管理業務として賃貸住宅の維持保全の実施方法の妥当性について、管理及び監督に関する事務を行うとさだめられました。

業務管理者となるための要件
① 管理業務に関する2年以上の実務経験+宅建士+指定講習を修了した者
② 管理業務に関する2年以上の実務経験+登録試験合格者(*登録試験は令和3年度「賃貸不動産経営管理士試験」が登録予定)

ハトマーク支援機構では(一社)賃貸不動産経営管理士協議会より委託を受け、上記①2年以上の実務経験のある宅建士向け講習について下記の通り実施を予定していますのでご案内いたします。


ハトマーク支援機構実施の賃貸住宅管理業務管理者講習の主な実施内容については、添付資料をご確認ください。
また、申込み受付開始予定日(5月10日)にはハトマーク支援機構HP内に専用サイトがオープンします。
PDF形式のファイルをご覧頂くには
PDF形式のファイルをご覧頂くには、アドビシステムズのAdobe Readerが必要になります。
アドビシステムズのサイトから最新のAdobe Reader(無料)をダウンロードし、インストールしてください。

Adobe Reader ダウンロード