2021/08/25
土壌汚染対策法に基づく「一定規模以上の土地の形質の変更の届出」等の義務について【宮崎県】
土壌汚染対策法(平成14年法律第53号)第4条第1項では、一定規模以上の土地の形質の変更(切土や盛土を伴う行為)を行う場合には、着手する30日前までに知事(対象地が宮崎市内の場合は宮崎市長)へ届け出ることを義務付けています。

しかしながら、届け出の遅延等が散見されているところです。

同届出が切土等の形質を変更する土地において、ヒ素やベンゼン等の特定有害物質による汚染のおそれの有無を事前に確認し、汚染された土壌の拡散等のリスクを未然に防止する制度であることから、同届出が義務となっています。


本届出の詳細は下の宮崎県ホームページにありますのでご確認ください。

PDF形式のファイルをご覧頂くには
PDF形式のファイルをご覧頂くには、アドビシステムズのAdobe Readerが必要になります。
アドビシステムズのサイトから最新のAdobe Reader(無料)をダウンロードし、インストールしてください。

Adobe Reader ダウンロード