2021/09/06
消費生活用製品安全施行令の一部改正について
消費生活用製品安全法では、製品の経年劣化による事故発生率が社会的に許容しがたい程度にかる製品を「特定保守製品」として指定し、法定点検実施等の義務の対象とされておりましたが、近年の技術基準強化等の経年劣化対策の進展を踏まえ、一部の製品については事故率が指定当時よりも大きく低下していることから。今般施行令の一部が改正され、指定の見直しが行われましたのでご案内申し上げます。
本件に関して、全宅連にて策定している売買契約に係る「付帯設備表」については、一部改訂を予定しております(変更箇所が確定次第、あらためてご案内申し上げます。)
PDF形式のファイルをご覧頂くには
PDF形式のファイルをご覧頂くには、アドビシステムズのAdobe Readerが必要になります。
アドビシステムズのサイトから最新のAdobe Reader(無料)をダウンロードし、インストールしてください。

Adobe Reader ダウンロード