2022/12/20
賃貸住宅管理業法の施行後、初の全国一斉パトロール (立ち入り検査)が実施されます。
国土交通省は賃貸住宅管理業法の施行後において,全国の賃貸住宅管理業者及びサブリース業者の業務が、
賃貸住宅管理業法の法令を遵守しているかを点検し、賃貸住宅の管理業務等に関する適正化を推進するため、
初の全国一斉パトロール(立ち入り検査)を実施することを、令和4年11月28日(月)に発表しました。


現状の業務が、賃貸住宅管理業法の法令を遵守しているか、今一度ご確認をお願いいたします。

1.実施期間
  令和5年1月4日(水)から令和5年2月28日(火)まで
   ※社会情勢等によって、やむを得ない場合には延長
    することがあります。

2.対象業者
  全国の賃貸住宅管理業者及びサブリース業者。

3.実施方法
  (1) 各地方整備局等が対象業者を選定します。
  (2) 各地方整備局等の職員が、対象業者の営業所等に
    立ち入り、業務の状況や設備、帳簿書類等の確認を
    実施することにより、賃貸住宅管理業法の遵守状況を
    点検します。
  (3) 立入検査の結果、法令違反等が確認された事業者には、
    是正指導や監督処分を行います。
  (4) 一斉パトロールの結果は、令和5年5月頃に公表を予定
    しています。

詳細は下記の国土交通省ホームページをご覧ください。
PDF形式のファイルをご覧頂くには
PDF形式のファイルをご覧頂くには、アドビシステムズのAdobe Readerが必要になります。
アドビシステムズのサイトから最新のAdobe Reader(無料)をダウンロードし、インストールしてください。

Adobe Reader ダウンロード